アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ製カバー

名称アルミ製カバー
用途機器カバー
業界産業機器
材質アルミニウムA5052
板厚2mm
寸法800×900×1200
溶接スポット溶接
加工方法レーザー切断加工, 曲げ加工, 組立, スポット溶接 , リベット締結
表面処理
その他

このアルミ製カバーは、アルミニウムA5052を使用したカバーです。こうした産業機器向けのカバーは鉄系の鋼板が使われることが多いのですが、取扱いがしやすいよう軽量化を目的としてアルミニウムが採用されています。

また、各部の溶接にはTIG溶接やファイバーレーザー溶接ではなく、アルミ専用のスポット溶接機によってスポット溶接を行っています。このスポット溶接はいわゆる「溶接」よりも強度が低いイメージを持たれることが多いのですが、実際は産業機器や鉄道業界など、信頼性が要求される様々な業界で使用されています。特にアルミの場合は溶接の接合品質・溶接強度を高めるためにTIG溶接が採用されますが、板厚や形状によっては溶接による熱によって歪が発生し、その修正に多大なコストがかかってしまいます。従って、要求される品質・強度によってどのような接合方法を取るかがコストを大きく左右することになります。

アルミ製缶板金VA・VE.comを運営する㈱アコオ機工では、このようなアルミを使った製缶品を数多く世の中に送り出してきました。積み上げてきた経験・知識・ノウハウを活かして、その製品が要求される品質およびコストに応じた最適な提案を行っています。

アルミの製缶板金のことなら、㈱アコオ機工にお任せください。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ