アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ製仕切り骨組み

名称アルミ製仕切り骨組み
用途客室―出入口の間仕切り
業界鉄道・車両業界
材質アルミニウムA5083
板厚4mm
寸法2400×2000×800
溶接TIG溶接
MIG溶接
加工方法レーザー加工・曲げ加工
表面処理無し
その他クラフトフォーマー

このアルミニウムA5083を使用した仕切り骨組みは、新幹線の客室と出入り口を仕切る部分に使用されているフレームです。

一見普通のフレームに様に見えますが、上部および下部は直線ではなく曲線となっています。新幹線などの車両にはこうした曲線形状のカバーなどが多用されているため、当社ではこれに対応するためクラフトフォーマーという特殊な曲げ加工機を用いて、強度も確保しながら意匠性も保つようにしています(なお、通常の製缶板金を扱う企業では、ほとんどのケースにおいてこのようなクラフトフォーマーは持ち合わせていません)。

さらに、この仕切り骨組みは、アルミ製のL型材を使用しています。通常鉄やステンレスでは穴明け・タップ加工などをマシニングを用いて行うケースが多くなりますが、アルミは切削性が非常に高いので、当社では木工用の工具で加工を行うことで生産効率を高めています。こうした生産性の高い工具を用いることで、アルミ溶接・アルミ板金の少量多品種に対応しています。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ