アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ製配線処理板

名称アルミ製配線処理板
用途車両内の制御機器配線
業界新幹線・鉄道
材質アルミニウムA5083
板厚3mm
寸法1800×800×200
溶接TIG溶接リベット締結
スポット溶接
加工方法レーザー加工・曲げ加工
表面処理なし
その他

このアルミニウムA5083を使用したパネルは、新幹線内に取り付ける機器を取り付け、後々のメンテナンスのことを考慮して配線ができるように設計された、配線処理板と呼ばれるパネルです。工場などで見られる制御盤も同様の目的で製作されることもありますが、新幹線という限られたスペースで多くの機器・配線を行う必要があるため、背の高いパネルに各種機器を取り付ける形状となっています。

当社では、レーザー加工機で抜き加工を行った後、曲げ加工を行い、機器を取り付ける部分の取付金などをTIG溶接やリベット締結で取り付けています(機器や配線などは行っていません)。こうしたパネルには同仕様で鉄製のものもありますが、この配線処理板は新幹線に搭載されるため、軽量化を目的としてアルミが採用されています。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ