アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

新幹線下部塞ぎ板受け

名称新幹線下部塞ぎ板受け
用途カバー
業界鉄道・車両業界
材質アルミニウムA5083
板厚6mm
寸法1,000×1,000×1,000
溶接MIG溶接
TIG溶接
加工方法レーザー加工・曲げ加工・グラインダー
表面処理なし
その他リベット溶接留め

このアルミニウムA5052製の製品は、東海道新幹線N700系に採用されている床下カバーです。この床下カバーは新幹線の車外に取り付けられる機器などを吊っているものをカバーするものです(新幹線の車輪の近くに取り付けられます)。従って、走行中にカバーに石が飛んだりする事から守ることはもちろん、時速280kmで走行する際に受ける非常に強い風圧をもろに受けてもビクともしない強度と信頼性が求められ、このようなアルミニウム製の製缶板金製品を手掛けることができる企業は非常に限られます。

アルミ製缶板金VA・VE.comを運営するアコオ機工では、高い溶接技術が求められるこうした最重要溶接部品を数多く手掛けています。特にこの床下カバーは溶接箇所が多い製品になりますが、強度や信頼性を高めるために、溶接を行う作業者を限定したり、あるいはシビアな寸法精度要求に対応するために取付穴寸法確認用の治具を製作し、全品検査をして出荷している。また、万が一の時のためのトレーサビリティ体制も整えています。

 

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ