アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

装置ボックス

名称装置ボックス
用途機器ボックス
業界輸送機器・鉄道
材質アルミニウムA5083
板厚2mm、4mm
寸法450×580×580mm
溶接MIG溶接断続溶接
TIG溶接
加工方法レーザー加工、曲げ加工
表面処理
その他スポット溶接とハックボルトで部分的に固定

この製品は、アルミA5083を使用した、新幹線の床下に取り付けられる装置を入れるBOXになります。このアルミ製のBOXの中には電子機器に加えて電線などが納められます。新幹線に取り付けられる機器には、常に振動が加わるので高い信頼性が求められ、特に溶接部分に関しては失敗が許されません。
アルミ製缶板金VA・VE.comを運営するアコオ機工では、こうした信頼性が求められる新幹線などの車両向けの製缶板金を長年に渡り納入してきました。溶接に関しては熟練した溶接工に加えて最適な設計が必要となりますが、信頼性に加えて、昨今ではコストとのバランスも重要視されるようになっています。
このアルミ製のBOXについては、信頼性を求める一方でコストダウンの要望が強く、さらに電子機器を内蔵するといった商品特性上、高い取付精度が求められます。従って、この製品の設計・製作にあたっては歪みが小さくなるように強度的に問題ない部分は全周溶接から断続溶接に変更して歪みを小さくするような対策を施しています(因みに、本製品は2mmと非常にアルミ板厚が薄いものを採用しているので全周溶接から断続溶接に切り替えるだけで歪みを大幅に減らすことができ、コストダウンとなります)。
さらに部分的にハックボルトを採用して固定したり、また歪みを回避するためにアルミ板一枚ではなく補強を入れたりして、薄いアルミ板を使用しながらも、強度を保ちながらコストダウンを行うということに成功しています。このアルミ製の機器ボックスは、今でも新幹線床下に設置され、使用されています。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ