アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

新幹線用車両連結部幌枠

名称新幹線用車両連結部幌枠
用途幌の取り付け
業界新幹線・鉄道
材質アルミニウムA5083
板厚3mm
寸法2,500×200×200mm
溶接MIG溶接
TIG溶接
加工方法レーザー加工・曲げ加工・型材加工
表面処理なし
その他なし

この製品は、アルミA5083を使った、新幹線の連結部に用いられる幌枠(連結のアコーディオンの部分)です。鉄道車両では強度と共に軽さが求められますが、この製品は車両の床下(車外)に取り付けられるため、一般部品より溶接割れなどの欠陥が出ないように注意して製缶を行うことが必要です。

アルミニウムA5083といったような材質で、2.5mも全周溶接を行うと大きな歪みが生じてしまうので、アルミ製缶板金VA・VE.comを運営するアコオ機工では、強度を保ちながら歪みを抑えるためにタップ溶接をご提案し採用頂きました。さらに、型材の切断・切り欠きについては手作業で行っていますが、機械加工並みの精度で仕上げることでコストも低減できる上、溶接ひずみを軽減することにも一躍を担っています。

なお、この型材はL型鋼・H型鋼・C型鋼が多いなか、この製品はオニ型鋼とよばれる形状で断面的に見ると角の部分があります。通常の設備では角の部分に対して機械加工を行うことが非常に困難になりますが、熟練の技術と治具によって、当社ではそれを可能にしています。

 

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ