アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

鉄道車両用ミニスカート

名称鉄道車両用ミニスカート
用途車両用サイドカバー
業界鉄道・車両業界
材質アルミニウムA6063-T5
板厚4.0mm
寸法4,000×100mm
溶接なし
加工方法ハンドソー、ジグソー、穴明け、リューター仕上げ
表面処理
その他

この製品は、アルミニウムA6063-T5を使った、鉄道車両のサイドカバーとして使用される製品になります。この鉄道車両用サイドカバーは車両の車種ごとに要求される仕様が異なる(例えば先頭車両と中間の車両で求められる寸法や窓の位置が違う)ため、超小ロットでの製作が求められます。さらに、溶接や曲げ加工は一切必要とされないアルミニウムの型材で製作されています。

こうした製品は通常であればマシニングセンタや5面加工機などの機械加工が想定されますが、マシニングセンタではその都度加工プログラムを作成しなければならず、例えば1品物が複数あるとそれだけで手間がかかってしまいます。そこでアルミ製缶板金VA・VE.comを運営するアコオ機工では、これを熟練の職人による手作業でアルミ型材からハンドソーとジグソーによる切断・穴明けなどを行なうことで製作することで超小ロットの生産にも柔軟に対応してます。さらに、当社の職人の技術では、4mもの長尺の加工でも0.5mm以内の精度で仕上げることも可能です。

なお、この鉄道車両用ミニスカートは、下記の写真のボディの側面に使用されており、運転中に外れるなど万が一の事故も許されません。アルミ製缶板金を運営するアコオ機工では、こうした鉄道車両・新幹線の車両の外に使用される「重要部品」の製作実績が豊富です。鉄道車両に関わらず信頼性の求められるアルミの製缶品はぜひ当社にご相談ください。

アルミ型材採用事例

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ