アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミの製缶板金は、歪みの少ないスポット溶接を採用する

Before

アルミの溶接において、特に平板同士をTIG 溶接やMIG 溶接で接合する場合、その溶接する距離が長くなれば長くなるほどひずみが発生し、歪み取りに要する手間と時間がかかってしまいます。上記のように大きなアルミの平板を溶接する際に突合せ溶接を行うと、溶接の手間・時間もかかる上、その溶接時間以上に歪み取りを行う時間がかかってしまいます。

コストダウン事例

After

アルミの平板を使った製缶板金の設計する際、スポット溶接を多用した方がひずみも軽減されます。ステンレスや鉄などで多く活用されるスポット溶接は、歪みの発生が抑えられるとして多く活用されていますが、専用に機器を用いればアルミにも使用できます。スポット溶接は様々な用途で使用されており接合強度といった面でも十分なので、用途に応じてスポット溶接を採用する方が歪みが発生しません。

TIG 溶接やMIG 溶接は、強度的には十分なものを得ることができますが、アルミ製缶板金においては大きな歪みを発生してしまう為、用途や必要とされる強度に応じて最適な溶接方法を採用する必要があります。スポット溶接を採用することができれば、ひずみも最小限に抑えられる上、溶接スピードも早くなり、TIG 溶接などで要していた歪み取りの時間も短縮することが可能です。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ