アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミの製缶板金は、歪みの少ない形鋼を採用する

Before

アルミの製缶板金においては、平板や形鋼などが使用されますが、歪みやすいアルミにおいては何を使うかによって歪みの量も大きく変わります。例えばチャンネル形状のものを設計する際、形鋼の規格品にない寸法にて設計すると平板を曲げて製作する必要があります。このようにして製作されたチャンネル形状の部品を溶接すると、大きな歪みを起こしてしまいます。

コストダウン事例

After

アルミの製缶板金に使われる平板および形鋼では、一般的に形鋼の方が歪みにくいので、歪みを回避したい際には設計時から形鋼を使用するようにすることが必要です。なお、アルミの形鋼は溶接の熱による歪みが小さくなりますが、形鋼と平板を溶接する際には平板のほうが大きく歪んでしまうので、アルミ製缶板金を設計する際にはケアしなければならないポイントです。

鉄やステンレスなどの素材と違って、アルミの製缶板金を設計・製作する際には溶接の熱によるひずみに対して最大限考慮した設計を行うことが必要です。さらに、平板や形鋼など、どのようなアルミの部品を使うかによっても歪みの大きさが異なります。アルミの製缶板金でひずみを極力抑えたい場合は、平板の使用を控え、なるべく形鋼を採用することで歪みの少ない製品を製作することができます。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ