アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ板金における曲げ高さの限界値

Before

曲げ加工を伴うアルミの製缶板金あるいは精密板金を設計する際には、曲げ加工に使用するプレスブレーキの金型がどのように使用され、どのようにアルミの板がセットされて曲げ加工が行われるかを知っておけば、コストダウンを行うことができます。例えば、曲げ加工を行うアルミの部品がある場合、曲げ部分の高さが低すぎると、下歯のV 幅にかからない為曲げることができません。

コストダウン事例

After

板金加工においては、プレスブレーキによって曲げ加工を行うので、部品を設計する際には曲げ加工の限界値を知っておいた方がコストを削減することができます。上記のように下歯のV 幅よりも十分に広いアルミ板であればプレスブレーキによって曲げ加工を行うことが可能となります。特にアルミの場合は曲げを行うと割れが生じてしまうので、鉄やステンレスよりも大きなR で曲げる必要があるので事前の検討が必要です。

アルミ・鉄・ステンレスなどの材料を曲げる際には、プレスブレーキという機械を用い、下歯と上歯で板を挟んで圧力をかけることで曲げを行いますが、大きな板であれば問題はありませんが、下歯のV 幅よりも幅がない板の場合は曲げることができません(厳密にはこれを曲げるには大きな力が必要です)ので、限界値があります。この限界値を知った上で設計を行えば、プレスブレーキによる加工が可能となるので、コストを抑えた上で製作することが可能となります。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ