アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ板金はなるべく一体化し溶接箇所を減らす

Before

アルミの製缶板金・精密板金において、部品点数が多いと溶接や組立工程が増えてしまうので、はめ込み方式などを採用し部品を一体化することでコストダウンに繋がります。上記の図のように、5 つの部品を溶接によって溶着するとなれば、部品の位置決め、部品の組立作業及び溶接加工による工数が多いため、加工時間がかかり、コストアップの要因となります。さらにアルミの場合は溶接によって大きく歪んでしまいます。

コストダウン事例

After

アルミの精密板金・製缶板金は部品を一体化できるように設計すれば、作業工数を削減でき、コストダウンに繋がります。上記の場合、はめ込み方式を採用することで位置決め作業も削減でき、さらに部品同士を溶接する手間も省けるので、溶接による歪みの発生も抑えられます。こうした部品の一体化はごく一般的な方法ですが、特に歪みが発生しやすいアルミの板金加工においては品質向上とコスト削減を考慮した場合、非常に重要な対策となります。

アルミの板金加工においては、部品点数が多くなればなるほど、それぞれの部品の位置決めに時間がかかる上、それぞれを溶接しなければならなくなるので工程が増加します。コストダウンを行い、さらに精度よく板金加工を行うには、部品点数を削減するようできるだけ一体化できないかを検討します。こうすることで、組立および溶接の手間が削減でき、コストダウンに繋がります。特にアルミは溶接の熱によって歪みやすいので部品の一体化による溶接工程の削減は、品質向上とコスト削減の双方に大きく寄与します。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ