アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ板金はなるべく曲げ加工で製作できるよう設計する

Before

アルミ板金のフランジ部分の製作において、アルミの場合は溶接時の熱による歪みがステンレスなどの他材料よりも大きいため、溶接加工が少ない設計にすることが必要です。上記の図の場合、フランジ部分の製作のため4辺に溶接加工を行うので、大きな歪みが発生するので歪み取りに手間がかかります。そのため、加工時間が長くなりコストアップの要因となります。

コストダウン事例

After

アルミ板金のフランジ部分の製作においては、溶接箇所が増えるほど歪みが大きくなり修正に手間がかかるので、溶接ではなく極力曲げ構造とすることが必要です。上記の図のように、曲げ加工を多用して部品を一体化させてフランジを製作することにより、溶接箇所が減少するので歪みを抑えることができます。溶接量、溶接回数、歪みを抑えることで、工数削減が可能となればコストダウンに繋がります。

アルミ溶接を行う場合には、その前にいかに溶接を減らすことができるかを考慮して設計を行うことがコストダウンへの近道となります。例えばアルミを用いてフランジ部分を製作する際、特に鉄であれば歪みに対してケアをする必要はあまりありませんが、材質がアルミである場合は溶接の熱によって大きく歪んでしまいます。従って、極力溶接をしないように曲げ加工部分を増やすことで加工時間の短縮につながり、最終的にはコストダウンを行なうことができます。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ