アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ板金は断続溶接の場合でも全周の開先加工を許容する

Before

アルミなどの製缶板金を行う際に、開先加工などの機械加工は手間をかけずに行うように設計することがコストダウンに繋がります。上記の場合は、アルミの部品同士を断続溶接するように指示されていますが、開先加工もその溶接の部分のみの指定となっています。このような指定になると、開先加工を一気に行えないので、手間がかかりコストアップとなってしまいます。

コストダウン事例

After

開先溶接の箇所が外観上問題ない場合は、断続溶接を行う部分のみではなく全体に開先加工を行うことで加工工数が短縮できコストダウンを実現することができます。溶接方法としては全周溶接よりも断続溶接のほうが歪み取りにかかる時間が低減しコストダウンになりますが、もう一歩進めて、開先加工も一気に行うように設計すれば、さらに加工時間を短縮することが可能です。

開先加工を伴う断続溶接を設計する場合には、効率よく開先加工を行えるように設計することが重要になります。断続溶接の部分だけ開先加工を行うと加工自体に位置あわせなどの時間がかかってしまいますが、これを断続溶接を行う部分だけではなく全面の開先加工を許容することで、機械加工の時間のみ短縮することができ、最終的なコストダウンに繋がります。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ