アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ板金は曲げ加工付近の割れ回避のためR形状とする

Before

一般にアルミ材料は、急な角度の曲げ形状にした際に、ひびや割れ等が発生してしまいます。上図のように、曲げ付近に角部が存在すると、材料を曲げた際に角部に応力が集中し、角部に割れが発生してしまいます。したがって、アルミ素材の設計をする際には、曲げ加工の際に形状に制限がかかることを考慮に入れる必要があります。

コストダウン事例

After

アルミの曲げ加工において、上図では、曲げ部分に割れが発生しないように、角部に大きめのR を付けて曲げを行っています。このように、曲げ部分に大きめのR をつけることで、角部にかかる応力を分散することができます。従ってアルミの曲げ加工をする際には、R を入れる、切欠きを入れる等の段取りや形状変更を行えば、割れなどの不具合が発生せず品質が向上します。

ステンレスや鉄などとは違い、一般にアルミ材料は急な角度に曲げ加工を行なうと、ひびや割れ等が発生します。これはアルミの板材を曲げた際に、曲げ部の両端に応力が集中するためです。このアルミ特有の割れを回避するためには、本例のように曲げ部分に大きめのR を入れることで、角部にかかる応力を分散することができます。よって、アルミ素材を用いた製品を設計する際には、曲げ加工の形状に制限がかかることを考慮に入れた形状にする必要があります。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ