アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ板金は溶接が少なくなるように形状変更を行う

Before

アルミの板金加工においては、溶接を少なくするように設計を行うことが重要ですが、溶接を行うにしてもなるべく熱の影響を受けにくい厚さや形状にすることが品質向上に繋がります。たとえば上記のような設計をした場合、細長い部分の溶接を行うと熱によって大きく歪んでしまいます。これは品質も悪化させる上、この発生した歪みを元にもどすための作業(歪み取り)に時間がかかりコストアップにもなります。

コストダウン事例

After

アルミの板金加工においては、溶接による熱の影響を受けにくいよう、組合わせる部品の形状を検討することが品質向上とコストダウンに繋がります。上記では熱の影響を受けやすい細長い部分を無くすような部品形状の変更を行いました。このようにそれぞれの部品の形状から見直すことができれば、溶接の熱による歪みを最小限に抑えることができるので、コストが低減できます。

アルミの溶接は鉄やステンレスを溶接する場合と異なり、融点が低く歪みやすいため溶接の難易度は一般的に高くなります。特に細い形状は精度や寸法が出しにくく溶接には適しません。従って、仕様上可能ならば細い形状を避け、さらに溶接箇所を削減した設計を行います。こうすることで品質が確保できる上、歩留まりを向上させることができるのでコストダウンが実現できます。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ