アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ板金は溶接による歪みを回避するため補強を入れる

Before

アルミは鉄やステンレスなどと比較し歪みやすい材質なので、製缶板金においては溶接によって形が崩れないように対策を行うことが必要です。上記の例では、高い壁をもつ箱形状のアルミ板金ですが、このように壁のみの構造の場合は、溶接によって壁が内側に引っ張られてしまい壁が倒れてしまいます。これを修正するために歪み取りを行うと、膨大な時間がかかってしまいます。

コストダウン事例

After

アルミは溶接によって歪みやすい材質になるので、歪みが生じても形が崩れないように設計段階から補強を入れておくと、歪み取り工程を最小限に留めることができるので品質も向上する上、コストダウンにもなります。箱形状のアルミ板金は内側に補強を入れておくことで、壁の内側への倒れを防止できます。歪みを発生させないことも重要ですが、溶接が避けられない場合は、歪みが少なくなるように構造的に対処することも必要です。

溶接の熱によって大きく歪むアルミの製缶板金・精密板金において、品質向上とコスト削減の双方を追及するには、まず溶接を行わないこと、そして溶接を採用するにしてもより熱の影響が少なくなる方法を取ります。しかし設計上どうしても溶接が必要な場合は溶接をしてから歪み取りを行いますが、設計上対応が可能であれば、この溶接によって発生する歪みを補強を入れることで最小限に抑えるようにします。こうすることで歪み取り工程を少なくする、あるいは無くすことができるのでコストダウンに繋がります。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ