アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ板金は溶接の作業性を考慮し溶接位置を指示する

Before

アルミの溶接においては、溶接トーチが溶接箇所に容易に入る設計にすることが必要です。上記の図のような位置に溶接箇所がある場合、ネジ座を溶接する際に、トーチが溶接箇所まで入らず、質の高い溶接はできません。この場合、設計通りの溶接箇所ではなく、上から覆うように盛ったすみ肉溶接しかできませんが、強度が弱く、歩留まりが悪化しコストアップに繋がります。

コストダウン事例

After

アルミの溶接において、トーチが容易に溶接箇所に入る設計にすることで強度が強い板金加工を行うことができます。上記の図では、溶接を行う向きを90 度変更することで、側面からの加工が可能になります。このように、溶接位置を変更することで、強度のある溶接が可能となり、さらに加工時間短縮が実現できるためコストダウンに繋がります。

アルミの溶接加工において、溶接箇所の加工が容易になるよう設計することが必要です。上記の図では、当初は空間が狭く、トーチが入りづらい箇所に溶接指示があり溶接が困難な状態でしたこうした溶接が必要な場所を設計する際には、溶接トーチが入るかどうかを設計段階から考慮しておくことが必要です。なお、今回のケースでは溶接する位置を90 度変更し対策を行いました。これ以外にもそもそも溶接する位置を変更するなどの対策も考えられます。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ