アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ板金は製缶後のタップ加工が必要ないように設計する

Before

アルミを含め、鉄・ステンレスなどの製缶板金においては、なるべく部品単体の状態でタップ加工などを行えるように設計を行うとコストダウンに繋がります。例えば上記のようにネジ座とアルミ板の双方にタップ加工を行うように設計を行うと、強度は向上しますが製缶・組立後にタップ加工を行う必要があるので、手間がかかりコストアップとなってしまいます。

コストダウン事例

After

製缶板金においてネジ座を溶接にて取り付ける場合は、アルミなどの材質を問わず、製缶・組立後の機械加工が不要となるように設計することが必要です。上記の図面ではタップ加工が必要な部分はネジ座のみで、アルミ板の方はタップより大きめの穴加工が施されています。このように設計を行えば、部品単体でタップ加工および穴加工を行うことができるので、製缶・組立後に手間を掛けて機械加工を行う必要がなくなり、コストダウンに繋がります。

製缶板金および精密板金においてネジ座を溶接するケースがありますが、ネジ座へのタップ加工はなるべく部品単体で加工を終えてから溶接・組立を行うようにすればコストダウンに繋がります。例えばネジ座とアルミ板などの双方にタップ加工が必要なように設計を行うと、アルミ板とネジ座を溶接してからタップ加工を行う必要があり、手間がかかりコストアップとなります。このようなケースではアルミ板のほうに大きめの穴をあけておき、タップ加工を行ったネジ座を溶接するようにすればコストダウンに繋がります。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ