アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ製缶板金は、歪みを考慮しながらリブの採用を決定する

Before

一般的な製缶板金において架台を製作する際、補強のためにリブを用います。このリブは架台などの強度を高めるためには非常に有効であり、また鉄などの素材であれば歪みに対してそれほど考慮する必要はありませんが、アルミの場合はリブを溶接する際の熱によって大きな歪みが生じてしまうケースがあります。

コストダウン事例

After

アルミの製缶板金は溶接の熱による歪み・変形が大きくなるため、一般的な製缶板金で用いられる手法も採用する前に考慮しておくことが必要です。例えばアルミ製の架台を製作する際に、もし強度的に許容される場合はリブを用いずに製缶を行います。どうしてもリブが必要な際は、リブやその周辺に焼きを入れるなど歪み取りを行うことが必要となります。

鉄やステンレスなどの製缶板金において当たり前のように採用されている手法は、アルミ製缶板金においては非常にケアしなければならないケースがあります。架台など脚を持つ製品を設計する際には、その強度を確保する方法としてリブが活用されます。このリブを溶接すると熱によって大きく歪みが発生するので、リブ自体を用いないか、ボルト等でリブを取り付ける方法などを採用すれば歪みなく組み立てることが可能となります。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ