アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ製缶板金において歪みが集中する箇所はあらかじめ切断する

Before

製缶板金の中でもアルミを溶接しなければならない構造の場合は、溶接の熱によるひずみが発生しやすく、その歪みが構造上1 点に集中してしまうことがあります。上記のような図面の場合、レーザー加工機によってアルミの平板を加工した後に溶接を行うと、赤丸の部分に歪みが集中し、大きく曲がってしまいます。このようになると歪み取りで修正を行うのは困難になります。

コストダウン事例

After

アルミの平板を溶接した際に、どうしても歪みが集中してしまう場合には、歪みが生じるとあらかじめ判明している部分にノコ目を入れる(切断しておく)ことで、アルミ平板全体の歪みをこの部分で受けるようにします。すべての溶接が終了した後に、このノコ目を入れた部分を溶接し表面を処理することで、本来得られる機能を満足することが可能となります。

製缶板金では溶接を行うことは必須となり、構造上どうしても歪みが発生しそれが集中してしまい大きく曲がるような現象が発生するケースがあります。このような場合は歪み取りによって回避することも一つの手段ですが、上記の例のように曲がってしまう部分にノコ目(切り欠き)を入れておき、すべての溶接が終わってから溶接して戻すことが許容できれば、歪みのない製品を製作することが可能となります。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ