アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ製缶板金は、全周溶接ではなく断続溶接を採用する

Before

一般に、アルミの溶接は歪みが発生しやすいために溶接箇所をなるべく減らす必要があります。上図のように、図面に全周溶接の指示が入ると、歪みが大きくなり、後の歪み除去工程で大きく時間を取ることになります。特にアルミの場合はステンレスや鉄などの製缶板金に比べて歪みによる曲がり・うねりなどの歪みが大きく出るので注意が必要です。

コストダウン事例

After

製缶板金の設計が行われる殆どのケースでは、溶接といえば全周溶接というほど、全ての部分に溶接を行う傾向にありますが、多くのケースでは強度的にも全周溶接が必要ないケースがあります。さらにアルミ製缶板金では溶接による歪みが発生しやすいので、強度的に許容できる場合は全周溶接を行わずに断続溶接を採用することで、ひずみ取りにかかる手間を削減できます。

アルミ製缶板金においては、どのような溶接方法を採用するかが一つのポイントです。全周溶接を行うと溶接した部分すべてに熱が掛かるので大きな歪みが発生します。したがって強度的に問題がなければ全周溶接から断続溶接に切り替えることで、熱によって発生するひずみの量を低減させることができ、歪み取りに要する時間を短縮することができます。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ