アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ製缶板金は、割れ防止のためにワレ防止逃がし穴を設ける

Before

アルミ板金加工においては、精度が出しやすく割れにくい設計を行うことがコストダウンへの近道になります。例えば、上記の図面では、斜線部を曲げ加工後カットする設計となっており、曲げ寸法とカットの寸法が異なるケースです。曲げ寸法に対し切欠きが1mm となっていると寸法通りに加工することが難しくなります。また、1mm の余裕を持った部分が曲げ形状に掛かり、切断部の仕上げが必要となるため、精度を出すには時間がかかり、コストアップとなってしまいます。

コストダウン事例

After

アルミ板金加工においては、曲げ形状の寸法と切欠きの寸法を統一した設計としておくことでコストダウン、高精度化を図ることができます。上記の図では曲げ寸法とカットの寸法を統一しています。また、カット後のコーナーの曲げの部分は非常に割れやすい傾向にあるため、上記の図では、カットの段階でコーナーのところはワレ防止にがし穴を設けています。こうすると仕上げ加工が不要となりコストダウンとなります。

アルミ板金加工においては曲げ寸法との関係を考慮して設計することがポイントとなります。上記例のように曲げ形状と切り欠きの間に1mm 程度の余裕しかないと、曲げ形状部の仕上げができず曲げ加工後の仕上げ加工が必要となります。このような場合は曲げ寸法と切欠きの寸法を合わせるよう設計すれば形状を安定させることができ、仕上げ加工も不要となるためコストダウンを実現することができます。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ