アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ製缶板金は、歪み防止のために極力溶接を行わない

Before

ステンレスや鉄などの素材に比較して、アルミニウムは熱による影響を受けやすい素材です。そのため、溶接を行うとその熱によって大きく歪んでしまうため、アルミ製缶板金の設計においてはなるべく溶接を行わないような設計を行うことが必要です。上記の例では、角の部分をすべて溶接してしまっている為、歪みが生じてしまい歪み取りに時間と手間がかかってしまいます。

コストダウン事例

After

アルミ製缶板金において歪みを発生させない為にはなるべく溶接を必要としない構造を採用するか、もしくは強度や形状上、不必要な箇所には溶接を行わないような設計を行うことが必要です。上記の例のように、当初溶接を行っていた部分に溶接を行わないようにすると、溶接の手間、歪み取りの手間を省略することができます。

アルミニウムは熱による影響を最も受けやすい素材の一つであり、溶接によって簡単に歪みを生じます。従って、歪みを発生させない為にはそもそも溶接を行わないような設計とすることが重要です。アルミ製缶板金を溶接構造から溶接を行わないような設計に変更することで、溶接による手間・時間と、歪みをとる手間・時間を省略することが可能となります。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ