アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ製缶板金は、溶接からリベット構造に変更する

Before

アルミミウムはステンレスや鉄などの比較して熱によって歪みやすいため、なるべく溶接回数を減らす必要がありますが、構造上どうしても材料同士を固定しなければならないケースがあります。たとえば上図のような形状の場合、通常の製缶板金であれば溶接が採用されますが、アルミ製缶板金では大きく歪みが生じてしまう為、溶接を避けるように検討する必要があります。

コストダウン事例

After

ステンレスや鉄などに関しても同様ですが、溶接を長く走らせたりするような設計を行うと、熱による歪みが発生し、その歪みを取る作業・手間が非常にかかってしまい、見た目にも品質が悪くなってしまいます。そのような場合は、突合せ溶接ではなく、一部曲げを行った上記のような構造にすればリベット構造を採用することができます。こうすることがひずみへの心配や歪み取りの手間も省くことができます。

アルミ製缶板金において部品・パーツ同士を固定させる方法として溶接があります。この溶接は接続への信頼性が非常に高い分、溶接を行うと大きな歪みが発生してしまいます。その為、歪みをとる作業が溶接時間の倍以上かかってしまいます。そのため、溶接ほど強度が必要ない部分に関してはリベット構造を用いることで、ひずみ取りの時間を短縮することが可能となります。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ