アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

小さなアルミ部品を溶接する際は十分な大きさを確保する

Before

融点が低く歪みやすいアルミは、部品を設計する際にその大きさもよく考慮することが必要です。例えば上記の図面のような別部品の位置決めを行うためのアルミの小さな部品が設計されていたとします。アルミは部品が小さすぎる場合は溶接を行うとそのアルミの部品自体が溶けて無くなってしまうケースがあります。従ってコストダウンはおろか、製品自体の機能を果たさなくなります。

コストダウン事例

After

溶接が必要なアルミの部品を設計する際には、溶接の熱によって溶けてしまわないように大きめのサイズで設計を行います。上記のようにサイズを大きく変更することで、通常のTIG 溶接で溶接が可能となり、かつ取り扱いがしやすくなります。従ってアルミの部品を設計する際、溶接を行う部品は必要なサイズに±10mm は余分を設けておけば溶けてなくならず品質が安定します。

製缶板金や精密板金で多く用いられる鉄やステンレスなどに比較して、アルミは熱による影響を受けやすい材質になります。従って小さな部品を溶接する際、鉄やステンレスでは簡単に溶接ができるものでも、アルミの場合は溶けてなくなってしまうこともあります。従って溶接が必要なアルミの部品を設計する場合は、溶けて無くなってしまわない様に溶接シロを考慮した設計を行うことが必要です。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ