アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

曲げ部への部品取り付けは、C面取りではなく部品自体を小さくする

Before

アルミの製缶板金においては、レーザー加工などの抜き工程の後にそのまま使用できるような形状設計を行うことがコストダウンへの近道になります。上記の図では曲げ加工によるR 形状に部品が重なってしまうため部品にC 面の指示がされています。このような指示になると抜き加工を行った後に部品ひとつひとつにC 面取りを行わなければならず、コストが上昇してしまいます。

コストダウン事例

After

製缶板金・精密板金の設計においては、使用する部品がどんな状態で組みつけられるのかを考慮した上で設計を行う必要があります。上記の図では、曲げ加工によるR 部分を避ける形で小さな部品を設計し、改善前にあったようなC 面取りの加工が不要となっています。特にアルミの板金加工の場合は、ステンレスや鉄よりもR を大きく曲げるので、こうしたR 部分と部品の干渉には特に気をつける必要があります。C 面取りの作業を無くすように設計することがコストダウンに繋がります。

アルミ部品の曲げ部分の仕上げにおいて、設計にC 面が指定されるケースがありますが、C 面取りは機械加工の工程が必要です。曲げR の大きいアルミの板金加工の場合は、このR 部分と部品が干渉してしまうことがあり、これを回避するためにC 面取りを行っていると、コストが上昇してしまいます。アルミ板金を設計する際にはこうした組立時の干渉を考慮して、もし部品とR 部分が干渉してしまう場合には位置をずらすか部品を小さく設計をすることで、手間なくコストの上昇を抑えることが可能となります。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ