アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

歪みを回避するため溶接を行う部品はなるべく小さく設計する

Before

アルミの板金加工を行う場合、アルミは鉄やステンレスと比べて歪みが発生しやすいので極力溶接をしないようにすることがコストダウンに繋がります。上記の図では、タップが2つしか必要がないにもかかわらず、大きな部品を溶接加工で取り付けるよう設計がされています。このような場合、溶接箇所が多いため加工品に歪みが発生し、歪み取りが必要となるためコストアップとなります。

コストダウン事例

After

溶接領域が多いと大きな歪みが発生するアルミの場合、なるべく溶接箇所を減らすことが必要です。2 穴のみ座金が必要なケースでは、大きな部品に穴加工を行ったものを溶接すると歪むので、1つの部品につき1 穴のみ空いた小さなパーツを溶接するようにすれば、アルミ材の歪みも最低限に抑えられるため加工時間も短くなり、コストダウンに繋がります。さらに、2 穴とも別部品の溶接なので、穴精度も向上します。

アルミの溶接を行う場合、なるべく溶接箇所を減らすよう設計することが必要です。今回の場合、上記の図の2 穴の位置を揃えることが必要になりますが、1つの部品に2 穴を開けた大きな部品を溶接すると、溶接による歪みが発生する上、2 穴の位置を合わせることが困難になります。これを回避するため、1つの部品につき1 穴のみ空いた溶接量の少ないパーツを使用すれば、溶接時間と歪みによる位置あわせ(歪み取り)の時間が削減でき、コストダウンに繋がります。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ