アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

精度が高くない穴加工は集約して工数を削減できないか検討する

Before

アルミや鉄・ステンレスの機械加工において、例えばエンドミルなどで切削を行う場合は一度にまとめて加工できるように設計するとコストダウンに繋がります。上記の図では2 つの長穴が隣接していますが、長穴と長穴の間があまりにも薄いと壁が破損する恐れがありますが、それ以上に、ドリルとエンドミルの位置あわせを2度行わなければならないので、手間がかかります。

コストダウン事例

After

アルミ板に穴などを明ける際、設計上問題なければ複数の穴を1 つに纏めることができればコストダウンとなります。上記の図のように、2 つの長穴を1 つの長穴に一体化することで、ドリルとエンドミルの位置あわせが半減し、さらにエンドミルで一気に加工を行うことができるので、加工時間を大幅に削減でき、コストダウンに繋がります。さらに、穴が2 つであった際の壁が破損するなどの心配をする必要もなくなります。

機械加工においてコストダウンを行う最も重要なポイントは、工具交換などの段取り替えを行わず一気に加工を行えるように設計しておくことです。上記の例では、長穴を2 箇所加工しなければならず、それぞれの長穴に対して工具の位置あわせを行った後に切削加工しなければならず、加工時間が余計にかかっていました。この2 つの穴を1 つにすることができれば、位置あわせも一回で済み、さらにエンドミルで一気に加工することができるので、コストダウンに繋がります。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ