アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

長穴は手作業で穴明け加工する場合、加工の手間がかからない形状を採用する

Before

アルミ・鉄・ステンレスなどの板金加工において、穴の形状は用途をよく検討した上で設計を行うとコストを抑えることが可能となります。例えば上図のような穴加工の指示がある場合、こうした形状の場合、ドリル加工による下穴加工⇒エンドミルによる切削(長穴加工)⇒コーナーを四角にするためのヤスリがけ、という工程を踏むことなり、工程が多くなってしまいます。

コストダウン事例

After

フライスやマシニングセンタなどで長穴加工を行う場合、できるだけエンドミルだけで加工ができるように設計を行うと、手間が省けコストダウンになります。例えば上記の例においては、使用目的を確認すると四角形状が必要ではなかった為、上記のような形状に設計変更を行いました。この形状であればΦ 6.5mm のエンドミルのみで加工できるので、コストダウンに繋がります。

機械加工においてコストを削減するためには、エンドミルなどの口径にあわせてR を大きくするという方法がありますが、逆に、エンドミルなどの加工だけで追加工が不要なように設計を行うことが必要です。例えばアルミ製の製缶板金に長穴が必要な場合は、角のある形状ではなくR 形状に変更することで、ドリルとエンドミルのみで加工が完了するので、手間が省けコストダウンに繋がります。

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ