アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ板金におけるVA・VE設計のポイント

  1. アルミ板金はなるべく曲げ加工で製作できるよう設計する
  2. アルミ板金は断続溶接の場合でも全周の開先加工を許容する
  3. アルミ板金の割れ防止切り欠き穴は溶接で埋めない
  4. アルミ板金は組立性を考慮して設計する
  5. ネジ締結からリベットへ変更することでコストダウンを行う
  6. 割れ易いアルミの曲げ構造は分割にて設計する
  7. アルミ製缶板金は穴・タップが曲げRにかからないように設計する
  8. アルミ板金は製缶後のタップ加工が必要ないように設計する
  9. 精度が高くない穴加工は集約して工数を削減できないか検討する
  10. 曲げ部への部品取り付けは、C面取りではなく部品自体を小さくする
  11. 長穴は手作業で穴明け加工する場合、加工の手間がかからない形状を採用する
  12. アルミ製缶板金は、曲げ加工後の切り欠き工程が不要となるよう設計する
  13. アルミ製缶板金は、加工工数が少なくなるように材質を選択する

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ