アルミ板金・アルミ溶接に関するVA・VE技術相談室

メールでのお問合せ

無料プレゼント

アルミ製缶板金VA・VE.com

アルミニウムの機械加工・曲げ加工・溶接・組立を伴う、
製缶板金におけるVA・VE技術情報発信サイト

アルミニウム製缶板金におけるローコスト設計と信頼性・品質向上に役立つ設計者・開発者のためのVA・VE技術情報発信サイト

アルミ板金の溶接・曲げにおける品質向上のポイント

  1. アルミ板金はなるべく一体化し溶接箇所を減らす
  2. アルミ板金は溶接による歪みを回避するため補強を入れる
  3. アルミ板金は溶接が少なくなるように形状変更を行う
  4. 歪みを回避するため溶接を行う部品はなるべく小さく設計する
  5. アルミ板金は溶接の作業性を考慮し溶接位置を指示する
  6. 小さなアルミ部品を溶接する際は十分な大きさを確保する
  7. アルミ板金はなるべく歪みが出ないように設計する
  8. アルミ製缶板金はガス抜き用の穴を考慮して設計する
  9. アルミ板金における角部の形状設計ポイント①
  10. アルミ板金における角部の形状設計ポイント②
  11. アルミ製缶板金は、割れ防止のためにワレ防止逃がし穴を設ける
  12. 曲げ部分が干渉する場合の形状変更のポイント
  13. アルミ板金は曲げ加工付近の割れ回避のためR形状とする
  14. アルミ板金における曲げ高さの限界値
  15. アルミ製缶板金は、曲げ加工後に寸法のズレが発生しないよう補強を組みこむ

■アルミ製缶板金設計のポイント

  • ■サイトマップ